風俗は砂漠のオアシス

自然と出てくる気持ちがある

風俗への気持ちというのは、もはや男の本能ともいうべきごく自然なものなんじゃないのかなって思うんですよね。遊ぶかどうかを決めるのは自分ですけど、風俗でって持ったらその気持ちには嘘をつかないようにって思っています。結局性欲って男の中でもかなり大きなものだと思うんですよ。性欲をしっかりと発散させないと欲求不満になるのも目に見えているじゃないですか。じゃあそこからどうするのかとか、どんな自分が待っているんだろうとか考えると、やっぱりいろんな選択肢の中でも風俗の果たしてくれる役割はかなり大きなものなんじゃないのかなって思うんですよ。風俗で遊べばその分自分自身の満足感が満たされるだけじゃなく、プライベートでもメリットがあるんです。欲求不満を解消することによって仕事や人間関係が順調になることは珍しくないだけに、自分にとって風俗の存在は想像以上に大きなものがあるんじゃないのかなって感じるようになってきたんです。

指名の方が基本的には楽しいと思う

お金のことを考えるのではなく、単純に楽しさを求めるのであれば風俗嬢は指名した方が良いと思いますよ。フリーでもモチベーションを変えないようにとはどの風俗嬢も心の中で思っているとは思うんですけど、指名料が入らないという金銭的な問題はもちろんですけど、単純にプライドの問題というか指名された方が自分が必要とされているんだなって思えるものじゃないですか。そでモチベーションが左右されるなら、やっぱり指名した方が良いんじゃないですかね(笑)風俗でと考えるのではなくて一つの仕事として考えた時、やっぱり自分のことを必要とされる方が嬉しいじゃないですか。風俗嬢だってそうですよね。お金の問題というよりも、むしろそちらの方が大きいんじゃないのかなって思いますので、風俗で遊ぶのであれば指名した方が結局は楽しい時間になるんじゃないのかなとは思いますし、結果論ですけどそれが濃密な時間を生むことになるんじゃないのかなと。